読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独

今日もカラオケ行ってきました!かみきです、どうも。

 

最近カラオケ行き過ぎてるんですよね、自覚はしてるんだけども。

その代わりとは言っては変ですが、GWの五連休は将棋の大会以外用事がありません!

どうも、ぼっちかみきです。はい嘘です、たぶん。

 

でも、人は皆等しくぼっちだと思うんですよね、結局は。

ぼっちの定義によりますが。

 

というのが今日のお話です。少々暗い内容ですが・・・ご了承を。

 

 

人の最小単位は言わずもがな「一人」です。

 

自分の考えていることをすべて相手に伝えることも、その逆も、完璧にこなせないかぎり、人の最小単位は一人だと思います。

 

いや、それができるようになっても変わりはないでしょう。

 

さらにいえば、究極的には自分が一番信用できるはずだから—————人は結局「一人」なんだと思います。「ぼっち」なんだと。

 

僕は、よくこんな考えに及んだりします。また、そういうときは大体どうしようもない孤独感も感じています。

 

そして、ひどいときには「信用にたる人などいないのではないか?」「みんな嘘つきなんじゃないか?」なんてことまで想像がいってしまうこともありました。

 

孤独という壁が、他人との距離を引き離してしまったのです。

 

 

しかし、そんな泥沼の闇と化した思考のなかで、僕は一点の光を見つけました。

 

みんな、僕と同じようなことを考えているのかもしれない?そう考えたんです。

 

 

つまり——————

 

 

孤独と戦っているのは一人だけじゃない、一人で戦っているのは僕だけじゃないと考えたんです。

 

それが本当かどうかなんて知ることはできません。孤独と戦うとき、人は一人ですから。ただそう考えることで、なんだか気持ちが軽くなったんです。

 

 

だけど、孤独と一人で戦うのもそろそろ疲れました。

 

孤独を分かり合えなくても、分け合える人。そんな人ができたら。

君と僕で、僕ら。そんな人ができたら。

 

そう願うかみきでした。

広告を非表示にする